新地町商工会 ブログ がんばろう!新地町

〒979-2702 福島県相馬郡新地町谷地小屋字萩崎40 ℡0244-62-2442 Fax0244-62-5204
新地町商工会 ブログ がんばろう!新地町 TOP  >  ●経理と税務の講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雑損控除の災害関連支出について

雑損控除の災害関連支出について


震災により被害のあった資産等につき、取壊し又は除去、原状回復のためなどに支出した金額は、雑損控除として適用することができます。

なお、雑損控除として適用できるのは、災害がやんだ日※1から3年以内に支出したものに限ります。

※1 災害がやんだ日とは、ライフラインの復旧・役場機能の回復等などで個人によって状況は変わります。


スポンサーサイト
[ 2012/02/09 10:52 ] ●経理と税務の講座 | TB(-) | CM(-)

損害保険などの保険金等を受領した場合(個人事業主)

損害保険などの保険金等を受領した場合(個人事業主)

損害を受けた事業用資産についての保険金等については、受領する保険の区分ごとにより計上方法が異なります。
[ 2012/02/08 10:55 ] ●経理と税務の講座 | TB(-) | CM(-)

被災固定資産の代わりの資産を取得した場合の特別償却について

被災固定資産の代わりの資産を取得した場合の特別償却について

東日本大震災により滅失又は損壊した固定資産の代わりに、
新たに同じ固定資産を取得した場合には、その固定資産について特別償却を適用することが出来ます。

適用するための要件は以下の通りです。


[ 2012/02/07 11:14 ] ●経理と税務の講座 | TB(-) | CM(-)

被災した固定資産の決算書の書き方について

被災した固定資産の決算書の書き方について

被災した固定資産の決算書の書き方については、通常と異なります。
決算書の作成については、下記を参考にして下さい。


[ 2012/02/06 10:14 ] ●経理と税務の講座 | TB(-) | CM(-)

事業用建物の損失額の計算方法について

事業用建物の損失額の計算方法について

今回の震災により損壊した事業用建物の損失については、原則として被災直前の時価から被災直後の時価を差し引いた損失額を算定することになります。

  
[ 2012/02/03 10:03 ] ●経理と税務の講座 | TB(-) | CM(-)

事業用固定資産の損失額の計算方法について

事業用固定資産の損失額の計算方法について

事業用として使用されている固定資産の取壊し、除却、滅失などの理由によって損失が生じた場合には、必要経費に算入することが出来ます。

【計算式】
資産損失の金額 = 未償却残高※1 - 損失の発生直後の時価※2 - 保険金等

※1 H22年末残高からH23年1月~3月分の償却額を差し引いた残高
※2 資産の被災状況等により算出



なお個人の場合は、保険金等を差し引いた時に、損失額を上回った保険等の金額は、非課税になります。
法人の場合は、所得になります。


※この記事の掲載内容につきましては、記載日現在の法令に基づき、一般的な条件設定のもとに、説明を簡略しております。実際の申告の際は、必ず、商工会、税理士又は税務署にご相談ください。
[ 2012/02/02 13:48 ] ●経理と税務の講座 | TB(-) | CM(-)

雑損控除の適用と繰り越しの注意事項について

雑損控除の適用と繰り越しの注意事項について

平成23年分の確定申告について、雑損控除を適用する場合について下記の点に注意して下さい。

[ 2012/01/30 13:22 ] ●経理と税務の講座 | TB(-) | CM(-)

事業用に補助金を貰った場合の経理処理について

福島県が行う『中小企業復旧・復興支援事業』等により補助金を貰った場合、
事業の収入となり、所得税・法人税の課税対象になります。
その際の経理処理について、以下の点に気をつけて下さい。

[ 2012/01/26 17:07 ] ●経理と税務の講座 | TB(-) | CM(-)

災害に係る 税務支援(個人所得税) 事業用資産が被災した場合の損失額について

個人事業主の事業用資産等が被災した場合の損失額について
 今回の震災により事業用資産等が被災した場合、その損失額については、通常は平成23年分の必要経費ですが、特例として平成22年分の必要経費にすることが出来るようになりました。(任意です)
 これにより、平成22年分・平成21年分で所得税額があった方は、所得税の還付請求をすることができます。

[ 2011/05/13 17:16 ] ●経理と税務の講座 | TB(-) | CM(-)

災害に係る 税務支援 所得税の軽減又は免除

所得税額の軽減又は免除について

今回の震災により被害を受けた方は、所得税の軽減又は免除を受けることが出来ます。
これにより、平成22年分で所得税額があった方は、所得税の還付請求をすることができます。
[ 2011/05/11 15:01 ] ●経理と税務の講座 | TB(-) | CM(-)
中小企業ニュース・支援情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。